授乳中の薬について

赤ちゃんにおっぱいを与えるときに、薬を使用しても良いのか、この薬を使っているときに授乳してもいいかと気になる事があるかと思います。

妊娠中も薬について、かなり気をつかっているかと思いますが、赤ちゃんを産んだ後も薬について気を使うことになるかと思います。
子供が出来ると、心配事はつきないものです。

今回は授乳中の薬について説明していきたいと思います。

まとめ

・母乳栄養は、様々な点において大切です。

・母乳栄養含め子育ては大変なので、周囲のサポートが大事です。

・授乳中に注意が必要な薬があります。

母乳栄養の大切さ

児への栄養として、ほとんどの人が母乳もしくは、母乳とミルクの混合栄養で与えるかと思います。
母乳栄養には、様々な利点があります。
児への栄養、児の免疫獲得、子宮復古の促進、母児のきずなが促されるなどが挙げられます。

授乳中に、薬剤投与が行われる場合、「薬を使っている期間は断乳しましょう」ということが慣例化されていました。

薬剤の母乳への移行、児の摂取率など勘案しますが、臨床上問題ないような薬剤に関しては母乳栄養の利点を考えると、薬を使っている期間も母乳栄養は継続した方がメリットは高いと考えられます。

国際的にも母乳栄養が推奨されている

WHO、ユニセフで「母乳育児を成功させるための10カ条」というものがあります。

これは、母親が赤ちゃんを母乳で育てられるように、産科施設とそこで働くフタッフが実行すべきこと具体的に示したものです。

母乳栄養のメリットは様々あるので、国際的にも母乳栄養を推奨しています。

ただし、母乳がなかなか出にくい人、約3時間毎に授乳するために深夜にも起きなければいけない等、母親はとても大変です。

母乳栄養に限らず、子育てをするのは、非常に大変です。

医療スタッフ含め周囲の人のサポートがないと大変です。

授乳中に注意が必要な薬

①薬剤の母乳移行が高くなる薬、②放射性アイソトープ、③母乳分泌を妨げる薬、④その他(薬物乱用、アルコールなど)は母乳栄養中に注意すべき薬となります。

①では乳児への暴露レベルが高くなるため、乳児が母乳とともに薬物を摂取し、乳児の血中濃度が治療域に達する可能性があります。
完全に禁止とすべきかは判断が困難ですが、注意が必要です。
抗てんかん薬のフェノバルビタール、喘息で使用されるテオフィリン、気分安定薬のリチウム、ヨード製剤などが挙げられます。

②放射性アイソトープは、診断目的や治療で用いられることがあります。
乳児への放射線被爆の可能性があります。
放射線量の半減期や乳汁移行などを考慮しますが、使用される核種によって様々であるので、母乳栄養の中断期間も様々です。
まったく中断する必要がないものや、1ヶ月以上中断が必要なものもあります。

③これは薬によって、母乳が出なくなってしまいます。
それによって母乳栄養が妨げてしまいます。
母乳を止めるために使う目的以外は、代替薬を使用することが望ましいです。

④とくに母親が薬物乱用した場合、その薬の濃度が非常に高くなるため、母乳移行する濃度も高くなってしまいます。
母親がコデインリン酸塩を含む鎮痛薬を使用し、その授乳中の児が呼吸抑制で死亡した例が報告されています。
母親の体質的にコデインからモルヒネへの変換が異常に高くなり、モルヒネが中毒域まで血中濃度が上がってしまったため、授乳を介して児に多量のモルヒネが接種されてしまい、蓄積され、呼吸抑制に至ったと考えられます。

まとめ

母乳栄養中に注意が必要な薬はそんなに多くはないです。

母乳栄養の利点を考慮すると、よほどの理由がない限り母乳は中断すべきでないと考えられます。

ただし、一部授乳の際に注意すべき薬があります。

薬を使用中に母乳を継続していいかどうか、そもそもその薬は必要なのか含め主治医の医師と相談することが重要です。

投稿者: babatti3

 はじめまして。私は産婦人科医として総合病院で働いております。  女性の健康上の問題があったとき、なかなか人に相談できないこともあるかと思います。たとえば、「妊活したいが何をすればいいの?」、「妊娠したかもしれないがどうすればいいの?」、「妊娠中にやってはいけないことは?」「月経の量が多いですが大丈夫ですか?」「更年期症状が気になります」など様々な悩みがあります。  日々の診療で培われた知識・経験などを活かして、すべての女性の健康上の悩みに対して手助けとなるような情報を発信していきたいと思っております。  また2児のパパでもあり子育て世代にとって有益な情報や、趣味のジョギングに関する情報なども発信していきたいです。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。