会陰切開について

妊娠中の多くの人が不安を抱えているでしょう。とくに初めてのお産の場合、わからないことがありすぎて大変だと思います。会陰を切るなんて…想像するだけで恐ろしいと思います。とくに初めてのお産の場合、会陰裂傷もしくは会陰切開が行われるのは約70-80%程度と言われています。なぜ会陰切開が必要なのか、理解することで不安が和らぐかと思います。 今回、会陰切開について説明します。

まとめ

・会陰切開を入れることでキズの方が縫合しやすくなる。
・局所麻酔の注射をしてから、いきんだときに、つっぱる部分にハサミを入れて切開する。
・会陰切開に対しての方針は医療機関によって様々です。

産道の裂傷

会陰切開は、お産の時に赤ちゃんが出てきやすくするために、会陰部分の一部を切ることを言います。赤ちゃんの通り道を産道といいます。ちなみに骨産道と軟産道というものがあります。 赤ちゃんが最後の軟産道の通り道を通る際に、会陰や腟壁が伸ばされてつっぱります。そのときに裂けてしまう場合があります。ときには肛門や直腸まで裂けてしまうことがあります。

なぜ切るのか?

赤ちゃんが通過する軟産道とくに会陰・腟壁が多いですが、それらが裂けてしまった場合、創部が挫滅している場合や複雑な場合が多く、縫合が難しくなる場合があります。それを予防する意味で会陰切開を行います。つまり、会陰切開を入れることで自然に裂けて出来たキズより、切開を入れたキズの方が縫合しやすいという利点があります。 会陰や腟壁の伸びがいまいちで、そのままだと裂けてしまいそうな場合に切開を入れます。とくに初めてのお産の方は、会陰の伸びがいまいちの場合が多く、会陰切開を入れることが多いです。

どうやって切るのか

会陰の切開方法は、まず局所麻酔の注射をします。その後、いきんでもらって、つっぱっている会陰腟壁部分にハサミを入れて切開します。切開の部位によって、正中切開・正中側切開・側切開など様々あります。

医療機関によって方針は様々

施設によっては、初産の方は裂傷となる可能性が高いので全例会陰切開を入れる場所や、助産師さんがうまく誘導し徐々に会陰部を伸ばしながら会陰切開なしでお産をする所などあります。基本的には、必要があれば切開を入れる方針の所が多いですが、会陰切開に対しての方針は医療機関によって様々です。

まとめ

赤ちゃんの通り道、とくに最後の軟産道である会陰や腟壁が裂けてしまうことが多いです。会陰切開を入れることで自然に裂けて出来たキズより、切開を入れたキズの方が縫合しやすいので、必要であれば会陰切開を入れることが多いです。 会陰の切開方法は、まず局所麻酔の注射をして、いきんでもらって、つっぱっている会陰腟壁部分にハサミを入れて切開します。会陰切開に対しての方針は医療機関によって様々です。

広告

投稿者: babatti3

 はじめまして。私は産婦人科医として総合病院で働いております。  女性の健康上の問題があったとき、なかなか人に相談できないこともあるかと思います。たとえば、「妊活したいが何をすればいいの?」、「妊娠したかもしれないがどうすればいいの?」、「妊娠中にやってはいけないことは?」「月経の量が多いですが大丈夫ですか?」「更年期症状が気になります」など様々な悩みがあります。  日々の診療で培われた知識・経験などを活かして、すべての女性の健康上の悩みに対して手助けとなるような情報を発信していきたいと思っております。  また2児のパパでもあり子育て世代にとって有益な情報や、趣味のジョギングに関する情報なども発信していきたいです。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。